くすみとスキンケア !改善して綺麗になろう!

くすみとスキンケア

くすみがあると肌全体の印象が暗くなってしまいます。

シミやシワの対策をしていても、くすみがあるとあまり効果が見た目として実感できません。

美肌のためにはくすみ対策が不可欠といえます。

まずは、顔をじっくりと鏡でチェックしましょう。

肌色が場所によって違ったりはしていませんか?

他のところと比べ色がくすんでいるところは、くすみができてしまっています。

まず、基本的なスキンケアを見直しましょう。

洗顔後、タオルでごしごし顔を拭くのは避けるべきです。

摩擦はくすみを引き起こしてしまう大きな要因の1つです。

毎日繰り返して摩擦を与えると、肌全体に大きなダメージを与えてしまいます。 洗顔後は、タオルをポンポンと肌にあてて、優しく水分をふき取るようにしましょう。

また、洗顔後の保湿はきちんと行いましょう。 洗顔後の肌は、肌を守る皮脂が洗い流されている状態です。

そのまま放置しているとどんどん肌が乾いていってしまいます。

乾燥はくすみや肌トラブルの一番の要因といえます。

洗顔後はなるべく早く化粧水で保湿してあげましょう。

そして、化粧水後に乳液や美容液をつけることも大切です。

普段のケアが化粧水だけ、という方も多いと思います。

しかし、化粧水だけをつけていても肌の水分はすぐに乾いてしまいます。

乳液などでふたをしないと、寝ている間にせっかく保湿した水分が蒸発してしまいます。

日ごろから乳液や美容液などを取り入れたスキンケアを行うよう心がけましょう。

こういった基本的なスキンケアは、くすみだけでなく、あらゆる肌トラブル全般に共通していえる対策です。

まずは毎日のスキンケアを見直してみましょう。

くすみの原因 くすみを改善

くすみの原因 くすみを改善するためには、くすみの原因を把握することが大切です。

きちんと原因を把握することで、これ以上くすみを増やすことを防止することもできます。

くすみの原因として一番可能性が高いものは、紫外線です。

紫外線が多い日に日焼け止めをせずに外出すると、すぐに肌がダメージを受けてしまいます。

曇りの日や冬なども紫外線が出ています。

一年中UV対策をすることが理想です。

次に、洗顔の仕方に問題がある可能性も高いです。

きちんと汚れが落とせておらず、毛穴の奥に汚れが蓄積し色素沈着をおこしてしまうことがあります。

肌が脂っぽい人は特に洗顔に注意が必要です。

空気中の汚れが付着しやすく、顔が汚れてしまいがちです。

そのため、洗顔できちんと汚れを落とさないと、毛穴につまったままになってしまいます。

これはくすみだけでなく他の色々な肌トラブルの原因にもなります。

また、乾燥肌の人も注意が必要です。肌が乾燥していると、肌の力が弱くなってしまいます。

ちょとした刺激もくすみの原因となってしまいます。

毎日の正しい洗顔と、適切な保水と保湿を心がけることでくすみは改善されます。 く

すみを根本から解決するためには、原因を把握し、それにあった適切なケアをしてあげることが大切です。