夏場のくすみケア

夏は肌トラブルが起きやすい時期ですね。

普段と比べてこまめなケアをこころがけなければなりません。

夏に一番注意しなければいけないのは、紫外線です。

日焼けはあらゆる肌トラブルのもとです。

日焼けによって肌が乾燥し、くすみを引き起こしてしまいます。

夏は他の季節に比べ紫外線量も多いです。

露出も増えるので、UVケアをしっかりとしなくてはいけません。

日焼け止めは、細かい部分にもきちんと塗ることが大切です。

鼻や目元など、細かい部分にまで日焼け止めがつかず、肌に色ムラができることがあります。

顔のパーツ1つ1つに丁寧に塗るよう心がけましょう。

また、顔だけではなく、紫外線を直接浴びる首や手などにもきちんと塗るようにしなくてはいけません。

汗をかいて日焼け止めが落ちてしまうこともあるので、汗をかきやすい場所は午後になったらつけなおすなどの工夫をしましょう。

そして、大事なのは、日焼け止めをきちんと落とすということです。

日焼け止めは紫外線対策には必須ですが、とても成分が強いものです。これが肌に残ったままだと、肌に大きな負担をあたえてしまい、くすみの原因となってしまいます。

メイクをしていない日でも、きちんと洗顔をし、日焼け止めを落としてください。

ごしごし洗うのは肌を傷つけてしまうので、石鹸などを十分に泡立て、優しく落とすことが大切です。

くすみ解消マッサージ

くすみ解消のために大事なことは「血行をよくすること」です。

血行が悪いとどうしても顔がくすんでしまいがちです。

そのためにはマッサージが有効です。

血行をよくする働きがあるリンパマッサージを毎日行うことをおすすめします。

基本的なマッサージ方をご紹介します。

顔の中心から外側へ、血液を流すイメージでマッサージします。まずは、鼻を中心とし、そこから顔の外側に血液を流します。

顎から耳の下、さらに眉間からこめかみ、というように、マッサージするポイントを上へとあげていきます。

顔全体をマッサージし終わったら、次は鎖骨のラインをリンパの流れに沿ってマッサージしましょう。

手や足の場合は、指先・足先から身体の中心に向かって血液を流すようにしてください。

このマッサージは、身体が暖まっているときに行うのが一番効果的です。

冷たい手でのマッサージは逆効果なので、お湯などで手をあたためて行ってください。

お風呂上がりや、部屋を暖めているときなどに行うのがいいですね。

また、マッサージをする際は何もつけずに行ってはいけません。皮膚は敏感なので、何もつけずにマッサージを行うと摩擦でダメージを受けてしまいます。

摩擦によるダメージはくすみの原因になってしまうので、必ず化粧水や乳液、クリームをつけて行うようにしましょう。

こうしたケアはすぐに効果が出るわけではありませんが、毎日続けていくことで、確かな効果が実感できるはずです。